《ウォーキングデッド》シーズン8を観て感じた人生観!!!

 

こんちは〜

悲報!武庫川納涼盆踊り祭り!中止!

 

⬇︎

悲しい😭

 

 

《ウォーキングデッド》

シーズン8を観て感じた人生観!!!

 

 

 

ウォーキングデッドはシーズン1〜8まであります。

ツッコマー
長く続いてるぅ〜

ウォーキングデッドは超大作なんです

 

相関図

 

ウォーキングデッドの中心人物です

 

ウォーキングデッドにはまだまだ色んな人物が出てきます

 

超簡単にウォーキングデッドはゾンビ🧟‍♂️のウイルスに地球上の人間だけがかかっていて噛まれたり死んだりするとゾンビに転化🧟‍♀️してしまう!

ツッコマー
省略し過ぎぃ〜

 

そんなドラマです

 

奇天烈は全部観ているのですが観ていると

 

ウォーキングデッドはゾンビドラマ🧟‍♂️というよりは凄いヒューマンドラマなんだなぁ〜と思うます

色んな人間が色んな価値観を持ち

同じ価値観の人間がグループ化して

違う価値観の人間のグループと争いに発展していきます

ゾンビVS人間

だったのが

人間VS人間

に変わっていきます

奇天烈が観ててゾンビ🧟‍♂️も怖いけど人間🧑の方がめっちゃ怖い〜!

グループ同士の争いは終わり

今度は同じグループ同士の中から別の価値観が出てきて同じ同志が敵に変わっていきます

 

でもと思ったんです

 

これを現代に当てはめて考えてみると

 

会社や学校、色んなコミュニティーがあります

会社や学校の中にも色んな人がいて色々な価値観があります

その中にも色んな部署がありクラスがありその中にもグループがあります

価値観が違えば争っていいのかな?

価値観が違うってそんなに重要な事なのかな?

そんなにグループや派閥はあってもいいとは思うけど

争う必要はない!

 

どうすれば価値観の違う物同士が争う事なく

 

歩み寄れるか?

 

家族の中でも価値観が違うのに

 

どうすれば歩み寄れる?

 

価値観の違いから出る不満をどうすれば解消する事が出来る?

 

みんなで考えないといけません

 

奇天烈が思うにですよ

 

 

 

 

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

許しです

 

 

 

お互いが理解し

お互いが尊重し

お互いが主張し

お互いを思いやり

お互い信じ

 

許す事

 

これって意外にめちゃくちゃ難しい事です

 

これが僕の中で究極やと思っています

自分通すには他者との摩擦は避けられない

自分を主張して通すには他者を傷付けてもいいという覚悟が必要です

 

腹くくってますか?覚悟決めてますか?

 

難しい〜〜ですね

 

このドラマにはそんな壮大なスケールを描いていると思います

ツッコマー
勝手に思ってるぅ〜

出来るなら全世界の人が困ってる人がいたら

 

手を差し伸べる事が出来る世界になって欲しいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 




hair donation賛同店
hair donation

Kara-Kuri Bishoはヘアードネーション賛同店です。
病気で髪の毛が抜ける子供達がいます。
髪に困っている人がいます。あなたの気持ちが人の心を救います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください