【武庫之荘 縮毛矯正 ヘアサロン】8ヶ月前に酸性縮毛矯正をして伸びた癖の部分と毛先のパサつきを抑えて全体をツヤツヤにするぅ〜〜

【武庫之荘 縮毛矯正 ヘアサロン】8ヶ月前に酸性縮毛矯正をして伸びた癖の部分と毛先のパサつきを抑えて全体をツヤツヤにするぅ〜〜!

 

この度のゲスト様はなんと!8ヶ月前に酸性縮毛矯正をしたゲスト様!

今回は久し振りの縮毛矯正という事です

さすがに8ヶ月ともなると毛先の部分がパサパサしてしまいます!

いつも髪を括られているという事なので毛先も枝毛が多くかなり絡まりやすくなっております(涙)

でも

何回も縮毛矯正の薬を毛先につける事は出来ません

なぜか?は皆様わかると思いますがダメージが酷くなってしまうからなんですぅ〜

ですが

根元は縮毛矯正してツルツル!

でも

毛先はパサパサ!

毛先もツルツル!ツヤツヤ!にしたいですよねぇ〜〜

縮毛矯正は根元の癖を伸ばすのは当たり前!

ですが毛先のパサパサをツルツル!ツヤツヤ!にする事が本当に上手い縮毛矯正なんです

奇天烈も美容師の戦友に色々アドバイスを頂いてたどり着きました

毛先のツルツル!ツヤツヤに

まずはbeforeから

 

before

 

後頭部〜

縮毛矯正

 

 

後頭部〜内側〜

武庫之荘縮毛矯正ヘアサロン

 

 

左側〜内側〜

兵庫県縮毛矯正ヘアサロン

 

 

ちょっと前後しちゃいました

左側〜

尼崎市縮毛矯正ヘアサロン

 

 

右側〜

縮毛矯正

 

 

右側〜内側〜

武庫之荘縮毛矯正ヘアサロン

 

 

 

濡れたてからドライヤーで軽く乾かした時の髪

 

 

後頭部〜

縮毛矯正

 

 

後頭部〜内側〜

兵庫県縮毛矯正ヘアサロン

 

左側〜

縮毛矯正

 

 

左側〜内側〜

尼崎市縮毛矯正ヘアサロン

 

 

左側〜

縮毛矯正

 

 

左側〜内側〜

武庫之荘縮毛矯正ヘアサロン

 

 

 

濡れてからドライヤーで軽く乾かしてみると思いますが

髪全体が膨らみやすくなりましたね〜〜

ゲスト様ご自身で乾かすともっと膨らみそうですね〜〜

 

髪質

毛質は細め

乾燥とパサつきが凄い

水分を吸いやすい

横と後ろの癖が違う

ドライヤーで乾かすとかなり乾きやすい

 

ダメージレベル

 

根元 ★☆☆☆☆

毛先 ★★★☆☆

8ヶ月前に酸性縮毛矯正をしている

カラー履歴はなし

 

施術進行

 

1.視診と触診

2.シャンプー台でお流し

3.ドライヤーで乾かす

4.髪質に合った薬剤調合

5.薬剤塗布

6.〇〇して放置時間

7.薬剤をシャンプー台でお流し

8.ドライヤーで〇〇

9.ストレートアイロンで熱処理

10.〇〇して

11.2剤を塗布

12.2剤をシャンプー台でお流し

13.ドライヤーで乾燥

14.終了

 

after

 

 

後頭部〜

縮毛矯正

 

 

後頭部〜内側〜

兵庫県縮毛矯正ヘアサロン

 

 

左側〜内側〜

縮毛矯正

 

 

左側〜

髪質改善

 

 

右側〜

髪質改善縮毛矯正

 

 

右側〜内側〜

髪質修繕

 

 

左側〜の〜艶〜

髪質修繕縮毛矯正

 

 

後頭部〜の〜艶〜

武庫之荘縮毛矯正

 

仕上がりのまとめ

 

髪質に合った薬剤調合でかなり綺麗に縮毛矯正をする事が出来ました

自然なストレートヘアで毛先のパサつきを抑え艶と指通りがかなり向上しました

ですが

さすがに8ヶ月前にもなると毛先は劣化する事がわかり逆に感謝しています

 

beforeとafter 総まとめ

兵庫県縮毛矯正尼崎市縮毛矯正武庫之荘縮毛矯正兵庫県縮毛矯正尼崎市縮毛矯正武庫之荘縮毛矯正上手い

 

 

ありがとうございました

 

Kara-Kuri-Bisho

兵庫県尼崎市南武庫之荘3丁目22-25

tell  06-6438-2028

LINE@

友だち追加
ホットペッパーで予約する事も可能ですが予約が取りづらくなっています

確実にご希望のお時間で予約が取れる場合があるので友達追加お願いします

 

 

 




hair donation賛同店
hair donation

Kara-Kuri Bishoはヘアードネーション賛同店です。
病気で髪の毛が抜ける子供達がいます。
髪に困っている人がいます。あなたの気持ちが人の心を救います。




1 個のコメント

  • I likе this post, enjoyed this one regards for putting up.

    “Money is a poor man’s credit card.” by Herbert Marshaⅼl McLuhan.

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください