【お客様が意外と知らない!明度と彩度】ヘアカラーの持ちってなぁ〜に?

【お客様が意外と知らない!明度と彩度】ヘアカラーの持ちってなぁ〜に?

 

今回はカラーの持ちについて書いていきたいと思います!

皆さま持ちを良くしたいと伺う事が多いのですが

毛先が明るくなるのが持ちがいい?のですか?

根元の毛が黒く出てきたり、白髪が出てきたりする事に対して持ちがいい?と表現していますか?

 

どちらでしょう?

 

奇天烈が思うに両方だと思います

 

美容師がよくカウンセリングで使うカラーチャートで説明したいと思います

 

【カラーチャート】

 

 

美容師から言う持ちとは

 

毛先の色味が取れるのが遅いと持ちいい!

毛先の色味が取れるのが早いと持ちが悪い!

美容師はここだけに着目しています

根元から生えてくる毛は黒くて当たり前!

白髪が根元から出てくるのは当たり前!

絶対新しい毛は生えてきます

その事を持ちという表現はあっているかどうかはわかりませんがそれ以外に表現する言葉がないのでしょう

 

明度

明度とは

明るさの意味です

明るさに番号が振られています

暗くなると番号の数字が低く

明るくなると番号の数字が高い

これが明度ですね!

ようは明るさと暗さですね〜〜

まずは明度のカラーチャートを見て頂いて明るさわ決めます

1番にするのか?はたまた10番にするのかぁ〜〜?

決まれば!どの彩度にするかを決めます!

彩度

彩度とは

色味の事です

赤がいいのか?青がいいのか?緑がいいのか?ベージュがいいよのか?

この鮮やかな!色がはっきりわかるカラーチャートは髪の毛が白に対してのチャートです

黒髪にはこちら

こちらでも番号が振られています

下の数字になれば暗い色味!

上の数字になれば明るい色味!

明度のカラーチャートで明度(明るさ)は決まりましたと仮定して9番とします

上の画像の9番のところを見て彩度(色味)を決めます!

後は美容師さんがその明るさと色味にしてくれるでしょう多分・・・

 

まとめ

ヘアカラーの明度(明るさ)と彩度(色味)の違い

根元から生えてくる毛は黒い毛や白髪は生えてくるから染めないといけない

カラーの持ちは毛先の明度と彩度が取れるのが早いか?遅いか?についてであるという事

カラーの持ちをよくする方法

カラーの待ちをよくするにはシャンプーやトリートメントでは良くならない!カラーの待ちをよくするには美容師の技術次第!

2018年11月9日



hair donation賛同店
hair donation

Kara-Kuri Bishoはヘアードネーション賛同店です。
病気で髪の毛が抜ける子供達がいます。
髪に困っている人がいます。あなたの気持ちが人の心を救います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください